WORK FLOW


お問い合わせからご契約・着工までの流れです

これから家づくりをお考えの方。
安達建築に問い合わせしてみたい!と思ったら、
まずはホームページからの資料請求かお電話にてお問い合わせ下さい。

しつこい営業やご訪問などは致しませんのでお気軽にご相談下さい


STEP2 ご相談・ヒヤリング

ご質問やご希望、予算など何でもお気軽にご相談下さい。

無垢材・塗り壁・タイルなど使ったナチュラルな家づくりにご興味のある方 。

自分たちも一緒に家づくりに参加したい方 。

また、ハウスメーカーには一通り行ったけど、地元の工務店にも相談してみたいなどのご相談でも大丈夫です 。

まずはお客様の理想をお伺いしながら、ゆったりと家づくりについてお話ししましょう。

※土地探しからのお客様も一緒にお手伝いさせて頂きます。


打合せをしてから基本プランの設計に入ります。

雑誌などからイメージを教えて頂いたり、趣味部屋が欲しいなど
お客様と家づくりの理想・ご要望をしっかりとヒアリングさせていただき、最適な間取りを考えていきます

 

プラン作成と並行して、実際に建築予定の土地へ現地調査にも伺い、関係法令等、敷地状況・周辺環境などを調べます


現地調査確認後、図面が決まりましたら概算の見積作成に入ります。

全体予算や工事内容など納得のいくまで何度か打ち合わせを致します。

間取の変更の打ち合わせやショールームに行ったりと何度かお客様にも打ち合わせにの為に脚を運んで頂く事になりますが、契約後に予算のズレが無いようにこの時点でしっかりと計画を立てます。
※間取り・お見積りは基本的に5回まで無料となります。その後は一度仮契約をさせて頂き最終調整にはいります


配置図・図面が決まると地盤調査を行います。
調査結果によっては改良工事が必要な場合があります。

改良工事費が予定外の出費とならないように調査後に最終的な予算の全体調整を行います。

図面、工事金額の全てにご納得頂きましたらご契約となります。 

その後、確認申請などの手続きや地鎮祭の準備、
お施主様は融資の手続きなど進めて頂きいよいよ着工となります。

 


ここからお家づくり工事が本格的にスタートです

地鎮祭では、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用
させてもらうことの許しを得るために行う行事です。

お日柄の良い日を選び、工事関係者や親族で行います

地鎮祭の後、近隣へ挨拶まわりをします

 


 ベタ基礎での施工となります 

地盤全体を面で家を支える「ベタ基礎工法」は、線で家を支える「布基礎工法」より費用は掛かりますが、耐震性に優れた強い家を建築することができます。

また、地面をコンクリートで覆うので防蟻対策としても有効で、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります 。

・着工から基礎工事→上棟式までの工期 約2.5ヶ月
(長期優良認定住宅の場合は申請などで1ヶ月ほど追加の工期が掛かります)


構造・躯体について詳しくはこちら

基礎工事が終わると家づくりがどんどん進んでいきます。
家が仕上がっていく様子を見るのも家づくりの楽しさの一つです。

職人たちも入れ替わり入り、来るたびに完成に近づいて家づくりの実感が湧いてきます。

お客様と一緒に打ち合わせした物がどんどん形になってくるので
実際の暮らしがイメージができてくると思います。

内装工事では、壁をペイントしたり、建具を塗ったりとDIYをご希望されたオーナー様は一緒に参加して頂きます。

 


内装工事・照明取り付けも完了しました
クリーニング後のお引渡しになります

お引き渡し式の後、お家の鍵や書類の授受、住設機器の取り扱い方法や補償内容をご説明し、ご確認いただきます。

 

引渡しの前にはお客様と一緒に施工の確認のチェックを行います。

 


お引渡し後もお施主様と末永くお付き合いをさせていただきます。
アフターメンテナンスとして1年点検にお伺いいたします。

その他にも年末にはカレンダーをお届けに伺っています。
オーナー様の様子などもお話しできるので年に1回の私達も楽しみの一つです。