BROOKLYN style ALL IN ONE 規格型住宅(構造)

BROOKLYN styleの家(ブルックリンスタイルの家)構造について

 BROOKLYN styleの家は木造軸組在来工法+ベタ基礎仕様 

木造在来工法は、軸で支える構造なので壁の配置に制約が少なく、デザインや間取りの自由度が高いのが特徴。規格の間取りからの変更にも対応できます。

軸組工法は大きな開口部をつくれるので、通風や採光に優れた間取りをつくることができます

 木造軸組工法 

在来工法は在来軸組工法とも言われ、柱・梁・筋交いなど、木の軸を組み立てて建物を支える工法の事です。

近年、耐震構造なども考慮し年々進化しています。中でもコア構造は、2階の柱を1階の柱の上に配置し、横架材(梁や桁)のサイズを統一

壁(耐力壁)をバランス良く配置することで、建物の重量が均等に分散し狂いが生じにくく、台風や地震に強い家が出来るのです。

在来工法なら将来的な増改築にも柔軟に対応できる

暮らしに合わせて変化する増改築が容易で、将来的に家族の形態が変わることが予想される場合は、柔軟に対応できる在来工法が向いています。

 ベタ基礎工法 

構造体をしっかりと支える基礎工事は、基礎全面から立ち上がり部分にまで配筋を施したベタ基礎を標準仕様としています。

土台を支える外周部の基礎立ち上がり幅を150mmにして基礎パッキン工法により床下の換気をスムーズにし、基礎に欠損のない連続した一体化基礎を構成し剛の高い耐久性に優れた基礎構造を採用しています。

外部仕様(構造概要)
基 礎 RCベタ基礎(防湿施工)布幅=150mm・GL+400mm
構 造 木造在来軸組み工法
屋 根 スレート葺き
外 壁 外装材Sto
玄関ドア YKK ヴェナード ポケットキー
サッシ YKK(勝手口)・YKK330(Low-E)
内部仕様概要
床 材 居室=無垢フロア (自然塗料仕上げ) ※トイレ・洗面=CF住宅用
壁・天井材 ビニールクロス 一部アクセントペイント(オガファーザー+Old Village Graffity paint)
建 具 LIXIL ※トイレ鍵+スコープ付
換 気 24時間換気システム ジェイベックDCエンジェル
キッチン LIXIL ブルックリンスタイルオリジナル
システムバス トクラス1616サイズ(1坪)
トイレ TOTO

照明・カーテン(居室)・インターホン・エアコン(1台)・インターホン・ポストなど。本来は本体工事とは別予算として必要な物が全部コミコミになっているのでとってもお得なオールインワン住宅なのです。

BACK『BROOKLYN styleについて』
NEXT 『BROOKLYN style 仕様について』