構造・仕様について

WIN WOOD


高精度・高強度で、集成材の力を十分に生かす接合金物「テナンビーム」

WINWOOD工法とは、木造軸組工法の新しい形です

ウィンウッド工法は、高強度で調湿能力もある構造体用集成材を使用し、信頼の接合金物「テナンビーム」でジョイントした軸組躯体です。
建物の補強金具として使われるホールダウンや羽子板ボルトを使わないため、化粧梁をきれいに納めることができます

高強度であることに加え、見た目にもきれいで、他工法との組み合わせも可能な工法です。

テナンビーム 5つの特長

下がり制御
テナンビームの背の部分の丸ホゾがあご効果を発揮。横架材の下がりを制御するだけでなく、金物の両翼が内側に寄ってしまう危険を解消する働きを備えています。

サビに強い
溶融亜鉛メッキ鋼板(亜鉛付着量275g/㎡)を素地に、リン酸亜鉛処理を施し安定した皮膜下地を作り、さらに耐食性に富む樹脂系塗料でコーティング。3層の防錆効果により長期間強度を維持します。
最小限の切り欠き
テナンビーム接合は、スリットとボルト穴の最小限の切り欠きで、集成材の特性を生かした強い接合部となっています。
のぼり梁加工
コーナーには丸みが付いており、のぼり梁にも対応。金物がとび出さないだけでなく、施工もスムーズです。
径13.5mmのピン
テナンビーム用のグレイトピンは径13.5mm(通常は12mm)。それに対して穴径は14mmとわずか0.5mmのクリアランスで、高強度、高精度を実現します

【強い骨→集成材】

構造用集成材は、天然木の欠点(節や腐れ)を取り除いた良質な板を重ね合わせることにより品質を均一化することで強度が高くなります。

ウィンウッド工法は、木にこだわった良質な構造用集成材を使用しています。
構造用集成材を、テナンビームという高性能金物と結合したもので、骨組みとのバランスを保ち、優れた強度を発揮します

【強い関節→接合部】

骨組みの接合部は、地震や風、建物の重さや耐力壁を支えます。人間の体に例えると、まさに「間節」で強い骨どうしをつなぐ要なのです。

設計するためには「強度が明確」ということも重要です。ウィンウッドの接合部は全ての強度が強くて明確だから「丈夫な家」をつくれるのです。


全館空調パッシブエアコン


ご自宅のエアコンにストレスを感じていませんか?

「いる場所によって温度がちがう」「体に不快な風があたる」「冬は足元が寒い」「邪魔だし手入れも面倒」そして「高い電気代」。
これらの不満を見事に解決してくれるのが全館空調パッシブエアコンです。

ムラの無い室温、まるでシマウマ模様

まるでシマウマの全身に入った模様のように、お部屋のスミズミまで温度差にムラのない快適な空間に保たれます。

風が直接あたらないココチよさ

パッシブエアコンは屋内全体をゆっくり温度調節するシステム。

気流の穏やかな空間で、ムササビもふわふわ。

カメレオンも舌を巻くかくれんぼ

パッシブエアコンの本体は、小屋裏に設置されるので室内スッキリ。

室外機も1台でOKだから、省スペースで外観スッキリ。

ラクに節約デキルンダ

パッシブエアコンは、砂漠を旅するラクダのように、ムダなく効率的な省エネ運転。お財布にもやさしいです

パッシブデザインが快適性と省エネ性を両立する

床暖房や全館暖房はエネルギーを大量消費するのでは―。そんな思いを持っている方も多いでしょう。
しかし、元々パッシブデザインで建てられているパッシブエアコンの家は、一定に断熱や気密の性能を持ち、自然と応答することで快適さの基本性能を高めています。

それとともに、住まい手が暮らしに積極的に関わることで、快適性と省エネ性を高次元で両立します。

環境と応答する住まいは五感に気持ちいい

床暖房や全館暖房の快適さをパッシブエアコンだけに頼っていては本末転倒です。
春や秋など気持ちの良い季節は窓を開け放ち、夏や冬も風や陽射しを積極的に採り入れ、五感で心地よさを味わいたいものです。

パッシブエアコンはパッシブデザインの家で、パッシブな暮らしを支えるエアコンです

PassivAirconと壁掛けエアコンの冬の室内の温まり方の違い

精緻な気流や熱移動のシミュレーションをコンピューター上で行うCFD(Computational Fluid Dynamics)で、ダクトで床下から暖気を送るPassivAirconと壁掛けエアコンそれぞれの場合で、熱量投入時における部屋中央付近の断面温度分布の解析を行いました。


温度を色で、気流の強さを矢印で表しています

PassivAirconの場合

室温のムラが少なく、床暖房で床表面の温度が高くなっているのが一目瞭然。
また気流もほぼ生じておらず、風が直接体にあたる心配がないことがわかります。

壁掛けエアコンの場合

室内にエアコンの温風があたる箇所、あたらない箇所の大きな温度のムラが生じています。
風が体に直接あたり、場所によって温度差が あることが不快に感じる原因に。床温度が低く、足元が冷えてしまいます

詳しくはパッシブエアコンオフィシャルサイトへ

BACK(戻る)

マシュマロ断熱の家


高気密・高断熱で温熱環境のバリアフリー。家中どこでも快適空間。

マシュマロ断熱の家の高度な断熱・気密化により、外気との無駄な熱交換がなくなり、温度差の少ない快適な空間をご提供します。
たとえば、トイレや浴室・洗面所等の温度差が小さくなることで、冬場のヒートショック(急激な温度変化による血管収縮)を未然に防止します。

特にお年寄りや赤ちゃんなど安心して暮らしていただけます。


省エネルギーで快適&経済的。人にも環境にも優しい住まいづくりを実現。

マシュマロ断熱の家の高気密は帰宅した時のエアコンの効きの速さで実感していただけます。
また、高断熱化により、夜中にエアコンのタイマーが切れた後の急激な温度上昇もなく、ぐっすり快眠、目覚めも爽快でしょう。


■一般住宅の壁

断熱材と構造材(柱・土台)のわずかな隙間から冷気が壁内に侵入しているため、温度差が大きい。


■マシュマロ断熱を使用した壁

マシュマロ断熱は構造材(柱・土台)に接着をするため、冷気の侵入が無く、温度差が小さい。


音漏れのない静かな環境生活を。マシュマロ断熱にはこんな特製も。

マシュマロ断熱の家の優れた気密性は今まで隙間から入り込んできた外部の騒音や、気になる内部の生活音の漏れをシャットアウト。フォームが構造材に接着することで連続気泡構造は音をフォーム内に分散し、静かな生活環境を維持します。

確かな施工技術者「マイスター」制度で施工品質を確保

断熱材は正しい施工を行わなければ、期待したメリットが得られません。
弊社では一定以上の施工技術を修めた「マイスター」が現場施工しています。

BACK(戻る)