カバードポーチの補修(東郷町)

今回はカバードポーチの木部修理とシステムバスの取替の工事のご紹介です

オシャレな中古物件を購入されたN様。
建物の玄関カバードポーチの木部の痛みがかなり進行して朽ちていました。

今回は現状を確認させて頂き、痛みのある部分を撤去、加工と補修。

最後にカバードポーチ全体の色塗装の工事をさせて頂きました

施工前の状況は

玄関近くの手摺の部分は グラグラになっており、もたれると危ない箇所は取り外ししました

また、部分的に塗装が剝がれていました。

痛んで取り外した部分の手摺を新たに作成しました

最後に塗装をして完成です。

全体を塗装して完成

今回は外部にも強い塗料で施工しましたのでしばらくは大丈夫だと思います。

次はシステムバスルームの交換です

BEFORE(施工前)

こちらは施工前の画像です。

既存のシステムバスを解体した後の状態です。ここから配管を繋ぎ直していきます

AFTER

取替完了です。

もともとのお風呂も見た感じは綺麗でしたが、
建物購入後はお風呂は新しくしたいとN様のご要望で今回お風呂をリフォームしました。

真っ白で清潔感のあるお風呂になりましたね♪

コロナの緊急事態宣言時期と重なってしまい、システムバスが入らず
1か月ほど施工が伸びてしまいご迷惑をおかけしましたが無事に施工完了しました

現在は部材供給に関してはコロナの影響はほとんど無くなりました。
これから第二波が心配されていますが無事収束すると良いですね