お客様と工務店とのつながり

台風21号、今回は規模が大きく色々な被害が出ていますね。

みよし市でも場所によって停電になったみたいです。

会社は停電にはなって無かったので全然気づかなかったのですが、
すぐ近くでは停電になっいたらしく、ご近所のおばあちゃんから電話がかかってきました。

「家が停電になっちゃって……。中電に電話しても忙しくて行けないって言われてしまい。夜に真っ暗は困るから何とかできないかのう??」と。

台風で電線が切れてしまっていたら工務店でもさすがにお手上げですが、
もしかしたらブレーカーが落ちただけかも??と。

一応、念のため聞いてみました

※社長🧑「ブレーカーが下りてないですか?」

※おばあちゃん👵
「わからーん。困っちゃって。どーしたらいいかのう??色々電話したけどみんな無理って言われてしまい。
夜真っ暗は怖いで、安達さんなら何とかなるか??」

 

※社長🧑「電線が切れてたら中部電力の復旧を待つしかないけど、とりあえず見に行きますね」と伝えて

夕方、ちょっと落ち着いた台風の中を見に行きました

その結果

 

 

ブレーカをあげたら電気がつきました💡

 

良かった、良かった。
結局のところ停電からの復旧が早かったのか?
ブレーカーが落ちただけなのか?はわかりませんがとっても喜んで頂きました。

停電が直ってもブレーカーが落ちた場合は上げないと電気付かないですからね

こちらのおばあちゃんは野菜が取れるといつも色々な野菜を玄関先に置いて行ってくれたり。
扉や雨戸の調子が悪いと朝早くに電話が来たりします。

次の日、
※おばあちゃん👵「昨日は台風の中悪かったね~ほんと助かったよ~。これ良かったら食べてちょーだい」
と色々頂きました。
今回は工事はしてないのですが困ったときに頼りにして頂けると嬉しいですね。
ハウスメーカーやデザイン設計には出来ないお付き合いじゃないかな?と思います

私たちのような小さな工務店には家づくりだけじゃない、色々な所でお客様とこんな風につながっています。